パートナー

強固なパートナーシップ構築を重視しています

Poxel社は、製薬業界内のパートナーやアカデミアとの連携を通じ、代謝性疾患領域において強固な基盤を築いてきました。この基盤に基づいて、開発する治療薬の可能性を最大限に引き出すことにコミットしています。我々の代謝性疾患における専門性と外部のパートナーとの提携を通じて、最終的により良い治療選択肢を患者に提供することに努めています。

業界内のパートナー

  • 大日本住友製薬株式会社
  • Roivant Sciences社
  • DeuteRx LLC社
  • Enyo Pharma社
  • Merck社

日本、中国、その他アジア11カ国におけるImegliminの戦略的な開発および販売に関しては、大日本住友製薬株式会社と契約を締結しています。日本では、第Ⅲ相TIMES試験を成功裏に完了し、2020年に製造販売承認申請を予定しており、2021年の製品の発売を目指しています。日本では大日本住友製薬が製品化を担当する予定です。また、中国、韓国、台湾に加えて、インドネシア、ベトナム、タイ、マレーシア、フィリピン、シンガポール、ミャンマー、カンボジアおよびラオスを含む東南アジア9カ国では、大日本住友製薬が単独でImegliminの開発と製品化を進めています。

米国、ヨーロッパ、大日本住友製薬との提携対象としていないその他各国については、Roivant Sciences社とImegliminに関する戦略的開発ライセンス契約を締結しています。

Poxel社は、DeuteRx LLC社との契約に基づき、PXL065の独占的な世界的権利を獲得しました。PXL065は、第Ⅰ相臨床試験が完了し、現在は非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)を対象とする単剤療法の総合的第Ⅱ相臨床試験を進めています。また、同契約の一環として、代謝性疾患、特殊疾患、希少疾患を対象とするその他重水素化治療薬の候補も獲得しています。

またPoxel社は、ファルネソイドX受容体(FXR)作動薬に関するライセンス契約をEnyo Pharma社と締結し、これまでに第Ⅰ相臨床試験が完了、現在はB型肝炎とNASHを対象とした第Ⅱ相臨床試験を進めています。

アカデミアパートナー

  • リヨン大学心臓・代謝・栄養研究ユニット(CarMeN研究所)(フランス)
  • フランス国立応用科学院リヨン校、リヨン市民病院(フランス)
  • 神戸大学(日本)
  • グルノーブルアルプス大学(フランス)
  • ルーアン大学(フランス)
  • イェール大学(米国)

代謝疾患、心血管疾患、およびミトコンドリア機能障害を専門とするアカデミアのリーダーと継続的に連携しています。

当社とのパートナーシップ

当社とのパートナーシップをご検討の方は是非お問い合わせください。

お問い合わせ